株式会社大西石材沖縄

menu

大理石と御影石は何が違いますか?

御影石(花崗岩)は火成岩の一種で雲母・石英・長石など数種類の鉱石が混ざってできています。耐久性や圧縮強度に優れ、硬度も高いといった特徴を持つため、建築物の外装や床材、墓石、建造物そのものにも使われる石材です。
一方、大理石は石灰岩の一種になります。特徴としては、緻密な表面と、明るい色合いや美しいデザインのものが多く、彫刻や室内の内装材、バスルームや壁材などにも使われたりします。大理石は酸には弱いため、雨風に常にさらされる環境で使うにはあまり向いていません。